第18回 神経・筋難病看護研修を終えて

京都 訪問看護ステーション 神経筋難病看護研修
今回、宇多野病院で研修に受けるに当たり

難病といってもパーキンソン病の訪問看護しか経験が無く
他の難病ALS等は全く解らない状態での研修でした。

研修前はとても不安で、あまり行きたくなかったのが本音です。

しかし、行くと決めた為、事前に少しですが、各難病について調べたり
当事業所のリハの方に訪問されてる利用者様の情報を聞き教えて頂きました。

実際、研修に入ると、事前勉強の大切さを痛感するほど
難病に対しての知識不足を感じさせられましたが、と同時に

教えて貰える楽しさ

が出てきて、他事業所の看護師、保健師、地域包括の方々と
本当に楽しく学ばさせて頂きました。
4日間の研修で

とてもたくさんの事を学び自分自身の糧にする事が出来たと思います。

また、難病患者様の生命看護を大切にし、今後の難病看護に少しでも生かせていけたらと考えております。

詳細はこちら

コメント


認証コード3060

コメントは管理者の承認後に表示されます。