生活機能向上研修「食支援Part」に参加

京都市、上京区、訪問看護ステーション
今回の勉強会は「なぜご飯を食べられないのか?」ということがテーマでした。

前半は作業療法士、歯科衛生士、看護師の方々からそれぞれ講義をしていただき
後半のデモンストレーションでは、車椅子に座って自助具を使っておかきを食べました。

そこで感じたことは

正しい姿勢適切なテーブルの高さ自分にあった道具の選択がなければどれだけ食べにくいかということを体感することができました。

在宅看護をしていると体重が徐々に減っていったり、おかずがこぼれていたりするのを発見して

「もしかしてご飯がうまく食べれていない?」

という疑問を持つことがあります。
この勉強会をきっかけにして、まずは利用者様の食事風景を見に行くことから始めていきたいと思います。

詳細はこちら

コメント


認証コード8570

コメントは管理者の承認後に表示されます。