全国作業療法学会で発表

作業療法学会 京都市 訪問看護ステーション
塚田遼 京都市 訪問看護ステーション
塚田遼 京都市 訪問看護ステーション

東京にて第51回全国作業療法学会が行われ、当ステーションから塚田が発表致しました。

今回は日々の臨床からの研究発表になります。
麻痺側上肢を使用するためにはどのような要因が必要かという発表でした。

全国の先生方と熱心なディスカッションができ、大変有意義な時間になったように思います。

脳卒中の方の機能回復というのはリハビリテーションでは大きな課題です。

地域での生活をサポートしながらも、利用者様の機能回復への想いもしっかりと受けとめ
リハビリテーションを実施していきたいと考えております。

詳細はこちら

コメント


認証コード0825

コメントは管理者の承認後に表示されます。