第53回日本作業療法学会に参加、発表

京都市 上京区 訪問看護ステーション

第53回日本作業療法学会が福岡県博多にて開催されました。

今年は東山事務所の塚田が「脳卒中者の日常生活における麻痺手の使用、不使用に関する主観的条件の探索的検討」を口述発表致しました。

京都市 上京区 訪問看護ステーション
京都市 上京区 訪問看護ステーション

発表内容は脳卒中の右麻痺の方と左麻痺の方でどのような特徴があるかということを、当事者の方々からインタビューをとりまとめたものになります。

僕が言うのもなんですが、大変分かりやすく素晴らしい発表でした!
塚田も発表後はドヤ顔しておりました(笑。

京都市 上京区 訪問看護ステーション
発表直前の塚田です。
1人でぶつぶつ練習しております。

昨日は「全く緊張してません」って言ってましたが
直前はめちゃくちゃ緊張してました(笑。

コメント


認証コード4422

コメントは管理者の承認後に表示されます。